目次

日本 競馬に狂す

日本 競馬に狂す

第7章

日本 競馬に狂す

漱石と競馬をめぐる一考察 横浜〜上野〜ロンドン

目次

 もちろん漱石は無事に日本に帰ってくる。明治36(1903)年、36歳のとき。そして、東京帝国大学の講師となる。

 明治38(1905)当時、日本の世論はかなり怒っていた。

 日露戦争がこの年の9月に終わったものの、ポーツマスで行われた講和条約に日本国民は大いに不満だった。長期にわたる戦争と増税に苦しんできた国民にとって、ろくに賠償金が取れなかった不満の矛先は、

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.