目次

すべては競馬にひと一目惚れしたことから始まった

すべては競馬にひと一目惚れしたことから始まった

第3章

すべては競馬にひと一目惚れしたことから始まった

脳と体が活性化する競馬健康法

目次

 健康法の話をさらに進める前に、私と競馬の出会いのお話をしておきたいと思います。それは今から51年前の1966年、当時の私は東京大学で社会学を専攻していました。

 その頃もスポーツ誌はよく購読していたのですが、ある日、「今年のダービー売上20億円へ」という記事が目に飛び込みました。

 当時の20億円といえば、今に換算すると10倍の金額です。まだまだ競馬は市民権を得ておらず、電車の中で競馬新聞を広げていると、周囲から怪訝な顔をされるという時代です。それなのに、こんなにも巨額な市場となっている。

 「それほど人びとを魅了するのは、なぜなのか。社会学の学生として、その現象を一度見ておかなくてはならない」。そんな好奇心から、中山競馬場に初めて足を運んだのでした。

 あの時、パドックでサラブレッドを見た瞬間の衝撃は今でも忘れません。すばらしい筋肉、優雅な趣、均整のとれた肢体。「走る芸術品」とでも評したくなる、その美しさに圧倒され、ひと目でとりこになってしまいました。イギリスで競馬が「キング・オブ・スポーツ」と呼ばれていることにも納得です。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.