目次

初めて現れたタイプのスーパースター

初めて現れたタイプのスーパースター

第4章

初めて現れたタイプのスーパースター

キタサンブラック 登り詰めた最強の座

目次

 宝塚記念で敗れたあと、北島は凱旋門賞参戦を断念する意向を明らかにした。

 そして秋、今年限りでの引退を発表し、4カ月ぶりの実戦となる第156回天皇賞・秋に臨んだ。

 折からの土砂降りで「池みたいだった」と言った騎手がいたほど極悪の不良馬場になった。道悪は先行有利というセオリーどおりのレースをすると思われていたキタサンブラックは、なんとゲートに顔をぶつけて出遅れてしまった。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.