目次

圧巻のデビュー戦

圧巻のデビュー戦

第3章

圧巻のデビュー戦

サイレンススズカ ターフを駆け抜けた 伝説の逃げ馬の生涯

目次

 デビューの日は確実に近づいていた。相変わらず、馬体重が436圓半さかったが、サンデーサイレンスの三世代目として、「サイレンススズカ」と名付けられた馬の噂は、トレセンからマスコミ、そしてファンへと瞬く間に拡がった。まだ見ぬ馬への期待は日増しに膨らんでいった。

 そして、迎えた1997年2月1日の新馬戦。

 サイレンススズカは京都競馬場でデビューを果たす。調教で抜群の動きを見せていたサイレンススズカは単勝オッズ1.3倍の大本命に評価されていた。

 1番枠から好スタートを切ったサイレンススズカは、圧巻のスピードでみるみるうちにハナに立ち、そのまま直線コースへ。ゴールまで騎手が手綱を動かす必要もなく、後続に7馬身差を拡げて圧倒的パフォーマンスを披露した。

「遅れてきたサンデーサイレンス産駒の大物」
「ダービーはこの馬だ」

 新聞各紙は大騒ぎし、この馬の勇姿を取り上げた。

 念のために付け加えておくと、2着馬パルスビートは6月までに3勝を挙げてオープンに出世し、後に重賞2着を3回記録した活躍馬だ。決して力不足だったわけではない。当初の評価を考えると、誰がこれほどまでの活躍を想像していただろうか。それほどまでに衝撃的なデビュー戦だった。

「このレースを見ただけでG1を意識しました。それにしてもまさかあれほどとは……」

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.