目次

オグリキャップとテイエムオペラオー

オグリキャップとテイエムオペラオー

第3章

オグリキャップとテイエムオペラオー

日本経済から読み解くテイエムオペラオー 偉大な賞金王の記録

目次

 栗東の瀬戸口勉調教師から、自身の管理馬でもないテイエムオペラオーについて、生産牧場の場長に電話をかける。それはまさに異例のことだった。

 内容はこんな話だったという。

「テイエムオペラオーだけど、クラシックはどうするんだい」
「どうでしょうか。皐月賞に出るには追加登録になりますし」
「でも、あの馬は強い。皐月賞でもきっといい勝負をすると思うよ」
「え? どうしてですか」
「毎日杯であんなに強い勝ち方をした馬はいないよ。あれは強い。クラシック、おもしろいよ」

 瀬戸口師と言えば、あのオグリキャップを管理した人物だ。

 オグリキャップは地方の笠松競馬から中央に転厩後、重賞レースを連勝。転厩2戦目の毎日杯では、後の皐月賞馬ヤエノムテキに圧勝している。

 しかし、この当時「クラシック追加登録」という制度はなかった。笠松の所属馬だったオグリキャップはクラシック登録をしていない。そのため、どんなに強い勝ち方をしても、クラシックへの出走はかなわなかった。

 稀代のアイドルホース・オグリキャップがクラシックに出られなかったことで、JRAはファンから大きな批判を浴びた。その反省から生まれた制度が「クラシック追加登録」である。

 つまり、瀬戸口師は自らの管理馬だったオグリキャップが、制度の壁によってクラシックに出られなかった悔しさを誰よりも知っている人物なのだ。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン

  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.