目次

生涯の天敵

生涯の天敵

第4章

生涯の天敵

テンポイント 40年を経ても色褪せない名勝負

目次

 1975年の最優秀3歳牡馬(馬齢は旧表記)に選出されたテンポイントは、翌76年のクラシック戦線の主役になると見られていた。


 旧4歳になった76年の1月20日、テンポイントは、主戦騎手の鹿戸明、担当厩務員の山田幸守とともに、クラシックに備えて東京競馬場に入った。調教師の小川佐助は、ダービーを見据え、左回りの東京競馬場を経験させておこうと考えたのだ。


 年明け初戦に予定したのは2月15日の東京4歳ステークスだった。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.