目次

こんなに面白い馬はもう出ない

こんなに面白い馬はもう出ない

第7章

こんなに面白い馬はもう出ない

オルフェーヴル 豪傑は本当にオンナに弱かったのか

目次

 オルフェーヴルのラストランとなった、2013年の有馬記念には、G1馬の出走は、前年の7頭から彼を含めて3頭と、大きく減少した。にもかかわらず、彼の走る姿をひと目見ようと、駆けつけたファンは前年比123.3%の12万4782人となった。

 この数字を見ても、彼がどれだけファンに愛され続けたかが分かる。しかも、その声援を一身に受けたオルフェーヴルの最後のレースには、苦手な女は出走しない。結果、2着のウインバリアシオンに8馬身の差をつけるほどの圧勝。みごとな王者の花道となった。


 王者の名をほしいままにしながら、時に誰もやらないようなドジを踏み、負け戦ですら伝説にしてしまう。そんなオルフェーヴルだからこそ、「女に弱い」というその欠点も、ファンの目には彼らしさを表したチャームポイントに映る。

 いやむしろ、


この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.