目次

バーボンがサラブレッドを集める

バーボンがサラブレッドを集める

第3章

バーボンがサラブレッドを集める

酒と名馬 出会いの物語

目次

 ケンタッキー州はバーボンウイスキーによって名馬の産地になった。これは事実である。その歴史はなかなかに興味深いものがある。

 まずはバーボン。トウモロコシを主原料にしたこのウイスキーだが、何故にケンタッキーで生まれたのか。これは第3代大統領となるトーマス・ジェファーソンがヴァージニア州知事だった時(1779〜1781年)、アパラチア山脈西に位置するケンタッキー郡に永住して、土着穀物であるトウモロコシを栽培する者には60エーカーの土地を与えるという奨励策を打ち出したのが大きい。当時ケンタッキーは広大なヴァージニア州の一部だったのある。

 ケンタッキーがヴァージニアから分かれ、州に昇格したのは1792年(15番目の州)のことになる。

 奨励策実施とともにケンタッキーに入植した多くがドイツ系、アイルランド系、スコットランド系の移民たちだった。その中にはアパラチア山脈の東側、つまりアメリカ東部でライ麦を主原料にしたライウイスキーをつくっていたものたちがいた。彼らは農作業をしながら、余剰のトウモロコシを主原料にして蒸溜を始めたことでバーボンウイスキーが誕生する。

 ただし

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.