目次

「涙の日曜日」、そして伝説へ

「涙の日曜日」、そして伝説へ

第6章

「涙の日曜日」、そして伝説へ

サイレンススズカ ターフを駆け抜けた 伝説の逃げ馬の生涯

目次

「オーバーペースで行きます。それが彼のスタイルだから」

 デビュー以来、最高の調子を維持していたサイレンススズカを見て、武豊はこう宣言した。

 抽選で引き当てたのは最内1枠。
「平成10年11月1日、東京11レース1枠1番1番人気」と1尽くしの並びに、レースが終われば1位の数字がまた加わると思っていたファンも少なからずいたのではないか。悪癖と言われていた左旋回も、今では左コースに強いレフティーとして彼の個性になっていた。

 観客の関心は一つだった。
 どの馬が勝つかではない。サイレンススズカがどんなレースをし、どんなタイムでゴールするのか。興味はその一点に絞られていた。

 スタートから飛び出したサイレンススズカは、いつにも増して軽やかな足取りだった。ぐんぐんとスピードを上げ、中継のテレビカメラは最大限に引かないと、後続の馬が映らないほど。

 ところが異変は突然起きた。
 いつものように4コーナーを回るサイレンススズカの姿がない。前触れなく失速していた。大逃げを打ってバテたのではない。様子が分かるにつれ、観客の陶酔は青ざめた驚きに変わった。やがて異様な雰囲気のまま、人々は凍りついた。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.