目次

この馬に勝てる馬はいない

この馬に勝てる馬はいない

第5章

この馬に勝てる馬はいない

サイレンススズカ ターフを駆け抜けた 伝説の逃げ馬の生涯

目次

 香港からの帰国後、武は橋田調教師にこう進言した。
「気分よく走らせれば、この馬に勝てる馬はいない」

 年が明けた1998年、5歳(現表記で4歳)の古馬となったサイレンススズカは、初戦にオープン特別のバレンタインステークスを選んだ。1.5倍の1番人気に推されたサイレンススズカは大外からスンナリとハナに立つと、そのまま快走。1000m通過57.8秒のハイペースで、2着に4馬身差の圧勝劇を演じた。

 スピードを取り戻したサイレンススズカの快進撃はここから始まる。

 その後の中山記念で、2着ローゼンカバリーに1馬身3/4差で重賞初制覇を達成すると、次の小倉大賞典も1.46.5のレコードタイムを叩き出し、2着に3馬身差をつける見事なレースで制して重賞2連勝をマークした。

 なかでも重賞を2連勝した勢いで挑んだ宝塚記念の前哨戦、金鯱賞は圧巻だった。このレースには、神戸新聞杯で勝ちをさらったマチカネフクキタル、5連勝中のミッドナイトベット、そして4連勝中のタイキエルドラドが出走し、ハイレベルな接戦が予想されていた。

 好スタートを切ったサイレンススズカは先頭に躍り出ると、1コーナーを回ってからさらに加速。1000m通過58.1秒と脅威のスピードで3、4コーナーを回った。終わってみたら、2着ミッドナイトベットに11馬身もの大差をつけて圧勝。1.57.8のレコードという破格の時計で逃げ切った。

 これで重賞3連勝をマーク。
 実はこのレースから、サイレンススズカはあることを覚えていた。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.