目次

「3強」の代名詞へ

「3強」の代名詞へ

第5章

「3強」の代名詞へ

テンポイント 40年を経ても色褪せない名勝負

目次

 幸い、テンポイントの骨折は軽く、三冠の掉尾を飾る菊花賞に向けて仕上げられた。


 復帰戦となった10月17日の京都大賞典では古馬相手に3着。骨折明けの4カ月半ぶりの実戦で、やや太め残りだったことを考えれば上々の結果だった。


 そして、11月14日、第37回菊花賞。


 1番人気は「天才」福永洋一を鞍上に迎え、トライアルの神戸新聞杯と京都新聞杯を連勝したトウショウボーイ。2番人気はダービー馬クライムカイザー、テンポイントはこれらに次ぐ3番人気だった。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン
  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.