目次

完全試合への道

完全試合への道

第4章

完全試合への道

日本経済から読み解くテイエムオペラオー 偉大な賞金王の記録

目次

 皐月賞を制したテイエムオペラオー陣営の次の目標は、当然、日本ダービーだった。陣営は十分に力の出せる状態に仕上げたが、レースでは早めに仕掛けざるを得ない展開となり、3着に終わった。

 ここから、テイエムオペラオーは「いい競馬はするものの勝ち切れない」レースが続くことになる。

 古馬相手の京都大賞典(G2)は3着。菊花賞は2着。次は有馬記念に向かうのかと思いきや、「負け癖を払拭したい」という岩元調教師の意向で、ステイヤーズステークス(G2)に出走。岩元師の言葉を借りれば、「当然勝てるという油断」によって足元をすくわれ2着。負け癖を払拭するどころか、さらに負け癖を重ねてしまう。

 続く有馬記念では、グラスワンダー、スペシャルウィークという古馬の強豪2頭が名勝負を繰り広げる中、その2頭とクビ差の3着だった。

 負け癖は払拭できなかったが、歴史的名馬たちの激闘からクビ差という大健闘で、次年度へ向け、陣営の士気は否が応でも高まっていった。

 竹園オーナーは、年明けのJRA賞受賞式の会場で陣営に「今年は全部勝つぞ」と発破をかけた。陣営は「よし!」と思う反面、「そんなに簡単に勝てるものではない」という思いが交じり合っていた。

 陣営が次のレースに選んだのは、2月の京都記念(G2)だった。岩元師は、前年のステイヤーズステークスで得た教訓から、馬を勝てる状態にしっかりと仕上げて送り出し、見事に勝利する。さらに阪神大賞典(G2)を圧勝すると、いよいよ天皇賞が見えてきた。

 普段はレース前、鞍上にあれこれ言わない岩元師だが、この日は自信に満ち溢れていたようで、和田騎手に「今日は負けるレースではない。思い切って乗って、菊花賞での評価をひっくり返してしまえ」と声をかけた。

 淀の直線、岩元師の言葉通り、自信を持って乗った和田騎手の手綱に応え、テイエムオペラオーはナリタトップロード、ラスカルスズカといったライバルたちを退け、春の天皇賞を制した。

 勢いに乗ったテイエムオペラオーは続く宝塚記念で、この後、最大のライバルとなるメイショウドトウを接戦の末に破り、春のG1連覇を果たす。

 春シーズン4戦全勝、G1連覇によって現役最強馬の称号を手にしたテイエムオペラオーは、各マスコミから「秋は海外挑戦か」という声も上がっていた。

 前年のフランス・凱旋門賞でエルコンドルパサーが2着に入ったことも、世間の海外挑戦熱を高めることにつながっていた。エルコンドルパサーは1年間、国内で一度も走っていないにもかかわらず、その年の年度代表馬に選ばれた。いかに海外での活躍が評価されていたかがわかる。

 だが、岩元師の考えは「国内重視」だった。日本の競馬界で育ってきた岩元師にとって、海外の競馬を日本の競馬よりも上と見る見方は耐えがたかった。さらに、海外での経験もないのに、いきなり行って勝てるとも思えなかった。

 この考えを竹園オーナーも了承し、テイエムオペラオーは秋のG1戦線、すなわち秋の天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念を目標とすることとなった。

 そして、前哨戦の京都大賞典(G2)に勝利すると、秋の天皇賞、ジャパンカップと連勝。有馬記念に勝利すれば、当時の中長距離のG1・5レースすべてに勝利した上での、年間8戦全勝という空前絶後の記録となる。

 だが、好事魔多し。

 テイエムオペラオーは有馬記念当日、とんでもないアクシデントに見舞われてしまうのである。

(写真:2000年宝塚記念)

© Net Dreamers Co., Ltd.