目次

オリオンの一等星たち

オリオンの一等星たち

第2章

オリオンの一等星たち

競馬で学ぶ冬の星空

目次

 オリオン座には一等星が2つ含まれていて、いずれも中央競馬のレース名に採用されている。どちらもオープン特別競走で、星座自体より格上となっている。

 まずはオリオン座のアルファ星の名を冠したベテルギウスSから。

※星座ごとそれぞれの星にはアルファ星、ベータ星、ガンマ星……という符号が付与されており、考案者の名前より、バイエル符号と呼ばれる

 競馬の世界のベテルギウスSは長らく12月の中旬から下旬に行われる、年末の阪神競馬場の1ページとなっているレースだったが、2017年は12月28日、GI・ホープフルSの裏ではあるが中央競馬の最終日、阪神のメインレースにまで出世した(1章で述べたアルテミスからは時期的に離れてしまった)。ちなみにベテルギウスSの2016年の2着馬はその名もなんと「オリオンザジャパン」。勝っていれば見事な偶然だったが、勝ったのがのちの重賞勝ち馬・ミツバなので仕方のないところだろう(オリオンザジャパンは「彦星賞」を勝利しており、こちらは季節もまったく逆の、夏の夜空に輝くわし座のアルタイルのこと)。

この続きはスーパープレミアムコースに
登録すると、読むことができます。

すでに登録済みの方はここからログイン

  • netkeiba Books+は、定額読み放題のサービスです。
  • 簡単な手続きで、netkeiba.comにあるすべてのコンテンツがご利用いただけます。

人気のブック

© Net Dreamers Co., Ltd.